ホーム > 商業施設士の仕事
2011年02月10日(木)

商業施設士の仕事

水彩画と建築パースなら大阪のオッシュデザイン・アトリエ部のブログ
水彩画と建築パースなら大阪のオッシュデザイン・アトリエ部のブログ

「商業施設」という機関誌の2月号に掲載していただきました。

商業施設士の仕事を紹介するページです。

以前にブログでも書いたのですが、

コンビニ店跡を利用し、新規に出店されたケーキ屋さんの記事です。

※以下は過去ブログ記事の引用です。

水彩画と建築パースなら大阪のオッシュデザイン・アトリエ部のブログ

※コンビニ店跡に、新規出店をされたケーキ店様。

いかに既存を利用しつつ、イメージを一新するかが重要でした。

ポイントを絞り、ビビットカラーや特徴的な装飾タイルを使用し、

新たにケーキ屋さんの顔をつくり上げました。※

2011年02月05日(土)

動く空間のインテリア

水彩画と建築パースなら大阪のオッシュデザイン・アトリエ部のブログ

先週末 大阪女子マラソンが開催された長居公園。

イベントで、寿司トラックがやって来ていました。

トラックの荷台部分が一部ガラス張りになっていて、

中に寿司を食べさせるカウンターがあります!

面白いことを考えるなと見ていてふと、思い出した事。

昔、船のインテリア設計をやっていた事がありましたが、

動く空間のインテリアデザインは制約がいっぱい。

家具は絶対固定していないと駄目ですし、

仕上げ材も強固に貼りつけないと、振動で、はがれてしまいます。

それに床・壁は水平や直角ではない事が多いのです。

船に限らず、車でも同じ。

実に、特殊なものでした。

最近はコンピューター導入や新しい素材で、設計手法も

随分、変わっているでしょう。

ちなみに、この寿司トラックは動きながらお客さんを乗せることは

ないようですが。

この日の大阪は一番の冷え込み。

あまりの寒さに順番待ちの列に並ぶのを断念しました。

2011年02月02日(水)

床・貼り分けパターン

水彩画と建築パースなら大阪のオッシュデザイン・アトリエ部のブログ

床面を、大理石と木(パーケット)で貼り分けてパターンを作っています。

同一面に違う材料を突き合わせて、きれいに貼るのは大変な作業です。

図面に書くのは簡単ですが、施工する側にとっては迷惑なデザインかもしれません。

きれいに仕上げていただいて感謝です。

2011年01月14日(金)

木目シート

水彩画と建築パースなら大阪のオッシュデザイン・アトリエ部のブログ

木目柄の塩化ビニル樹脂シートです。

本物の木に見えます。ちょっと見ただけでは本物かニセモノか見分けがつきません。

裏に「のり」が付いていて壁や建具、家具などに貼り付けて使います。

天然の木と比べ、表面強度、耐久性、防火性能、施工時間の短縮など、

種々の理由でニーズがあり、多くの色柄の製品が出まわっています。

店舗の改装工事でも良く使う仕上げ材料です。

でも・・・、やはり・・・、ニセモノは、ニセモノ。

よ~く見た時の表情、手触り、そして香りなど、本物の方がいいに決まっています。

できるならば、天然の材料を使いたい。・・・・本音のところです。

2011年01月12日(水)

記念品に水彩画を

 

新規出店のお店、

開店後、周年記念をむかえるお店、

これから改装しようとするお店、

移転してしまうお店、

写真をお送りくだされば、それをもとに水彩画を作成致します。

額付の原画と、画像データーをお届け致します。

多少余分なものが写っていてもかまいせん。

こだわりを持っておられる部分でない限り、こちらでアレンジを施させていただきます。
写真を飾るのとは、ひと味違った記念品になるのではないでしょうか。

2010年12月25日(土)

装飾パネルと照明と

水彩画と建築パースなら大阪のオッシュデザイン・アトリエ部のブログ

先日開催された装飾パネルのセミナーでの画像。

この装飾パネルは表面に凹凸のある模様が施された立体的な

材料です。(リブパネルと言います。)

手前の二つのパネルは実際は全く同じ形状なのですが、

照明を当てる方向によって、まったく違った立体模様に見えます。

(照明は両方とも上から当たっているのですが、パネルを壁に貼ってある向きがちがうだけです。)

店舗などの壁面に使用し、照明の当て方を工夫すれば、

変化に富んだおもしろい壁面デザインになります。

2010年12月21日(火)

家を解体する前に

この家はすでに解体され、今はもうありません。

70年代ごろ、街中の狭い敷地に建てられた建売住宅の典型例です。

1階はガレージで、その上に木造の住居部分がのっている3階建て住宅でした。

玄関は2階にあり、ガレージの横の、大変急な階段を上っていかなければなりません。

狭い敷地ゆえの苦肉のレイアウトだったようですが、

近年、新築ではこういう建売住宅はあまり見かけなくなりました。

家も長く住むとあちこち痛み、使い勝手も悪くなります。

住み手が歳をとれば、危険な個所も増えてきます。

いずれは、リフォーム、建て替えなどの道をたどるのが家の宿命。

ただ、長年の、思い出や愛着はあるはずです。

解体してしまう前に記念に形に残しておきませんか。

この絵は額に入れられ、建て替えられた新築の家に飾られています。

2010年12月18日(土)

モザイクタイル貼り

水彩画と建築パースなら大阪のオッシュデザイン・アトリエ部のブログ

モザイクタイル貼り。

好きなデザイン処理です。

小さな面積でも、大きな効果が得られます。

2010年12月11日(土)

コンビニ店跡を利用

水彩画と建築パースなら大阪のオッシュデザイン・アトリエ部のブログ

よくお問い合わせを頂きます。

「コンビニエンスストア跡を利用し、

全く違った業種の店舗を出店するのだけれど・・・。」

コンビニのイメージを取りはらうことは、簡単ではありません。

お金をかければ、いろいろと手立てはありますが、

外壁ばかりに工事予算をつぎ込むわけにはいきません。

写真では、既存のコンビニっぽいタイルの上から、

左官工事でタイルと目地をつぶし、塗り壁仕上げにしています。

又、扉やガラスの枠には、化粧シートを貼りつけて、

色を全く変えています。

既存部分をできるだけ利用、撤去する部分を最小限にし、

予算節約をはかります。

2010年12月06日(月)

記念に建物の絵を飾りませんか

お好きな建物の写真をお送りくだされば、それをもとに水彩イラストを作成いたします。
額付のイラスト画と、それをスキャンした画像データーをお届けいたします。

新築の住居。

改築するために解体され、なくなってしまう建物。

転居で離れることになった、今まで住んでいたお家、お部屋。

記念に水彩イラストにし、飾っておきませんか。

2010年11月18日(木)

ついに来た?LED照明

水彩画と建築パースなら大阪のオッシュデザイン・アトリエ部のブログ

照明器具メーカーの新商品の内覧会に行ってきました。

すべてLEDの商品。

まだ値段がちょっと高いのだけれど、

寿命が長いので、電球交換の手間がはぶけて、経済的。

電気代がすくなくてすむ。

白熱電球ほどには、熱くならない。

照らしたものも、きれいに見えるようになってきた。

充分、これまでの照明器具に替えて、お客さんにも提案できるレベルになってきたのでは、という印象。

2010年11月12日(金)

合わせガラス

水彩画と建築パースなら大阪のオッシュデザイン・アトリエ部のブログ

ガラスとガラスの間に模様入りの和紙をはさみ、

後ろから照明をあてたもの。

最近はいろいろなものがガラスにはさみ込めるようになって、

多彩な表情を演出できます。

このページの先頭へ